今思うこと〜小さなライオンさんへ〜

本日、書きたいことが連発しており、連投しております。

いきなりの連続投稿申し訳御座いません。

 

あの日から2ヶ月と17日が過ぎました。

あれ以降、エイトに関わらず、ジャニーズ内でオタク心を抉る様な出来事が立て続いてますね。

 

 

あの日のことを正直に言うと、脳内がカオスでした。多分、脳が勝手に現実逃避をしていたのか軽く記憶が飛ぶことが複数回ありました。

 

それからも腑抜けた状態が半月程続き、精神的に落ち着いたときには月が変わってましたね。

 

今週、ついに各冠番組ですばるくんがラスト出演になります。このタイミングを逃すと多分冷静じゃいれなくなるので、今のうちに気持ちをまとめておこうと思います。

 

 

 

私の中での初めてのすばるくんの記憶は歌声です。忍たま乱太郎のED ♪愛に向かって を聴いたときのソロパートが初めてのすばるくんの記憶です。まっすぐで心を震わせる心地いい声。当時幼かった私にも強烈に印象に残りました。

 

時が経ち、小学校高学年になり、嵐ファンになった私は、自担の同期としてすばるくんを知りました。当時はまだアー写でも笑顔を見せることが少なく、目力の強さも相まってちょっと怖い印象を受けたことを覚えています。

 

中学2年になり、関ジャニ∞のファンになり、改めてすばるくんの歌を聴いたとき、胸が震え、じんわりと心が温かくなりました。私的な話になりますが、当時の私は部活動の人間関係のことで悩みが尽きず、心がズタボロでした。そんな私の心を救ってくれたのがすばるくんの歌でした。当時は音楽系の部活動に所属していたのですが、自信が無かった自身の音楽観に改めて自信が持てたんです。このことは本当に感謝してもしきれません。

 

私が関ジャニ∞のファンになった大きな理由の1つがすばるくんでした。

 

彼が中心になって彼らなりの音楽を作っている関ジャニ∞が格好良かったから、応援しようと思えたんです。

 

JUKE BOXのコンサートの時に披露された♪ 宇宙に行ったライオン を歌っているすばるくんを見た時、“あぁ、この歌はすばるくんのことを歌ってるみたいだな、、。”って思いました。グループの中心で身体のサイズからは考えられないようなパワフルな声で人々の心を震わせるすばるくんの様が、あの歌で歌われているライオンに重なったんです。その時はまさか、歌の通りに遠くに旅立つとは思いもしませんでしたが。あの時の歌の最後の♪ ガオー のところ、本当に格好良かった。本当にライオンが吠えてるかのような感じがして痺れました。

 

私はすばるくんの歌が大好きです。歌だけじゃなく、お笑いのセンスも、メンバー皆んなの安心剤かのようなその存在感も、全てが大好きです。

 

本音を言えば、もっともっと“関ジャニ∞ 渋谷すばる”の歌を聴いてたかったです。“関ジャニ∞ 渋谷すばる”の笑いで笑っていたかったです。

 

でも、今まで沢山すばるくんに助けてもらったからこそ、今は、すばるくんの決断を応援したいと思います。

 

すばるくんの歌が、再び沢山の人々の心を震わせる日を待ちたいと思います。

 

すばるくん、今まで沢山の感動と笑顔をありがとうございました。