You better let somebody love you…《別館》

私の愛しているものを綴っているblogです。

人見知りの為の友達作りのすヽめ ー大学編ー

4月に入り、新学期が始まりましたね。

 

因みに私は地元の某私大生なので、これからオリエンテーション履修登録など、やることが山盛りです。

 

ということで今回は、新学期の為の友達作りのすヽめをお話ししようかなと思います。

 

まず第一前提として、私は人見知りです。

しかも、かなり強烈な。

 

どれくらいかと言うと、

・話しかけてもらわないと、自分からは中々話せない。

・既に出来上がっている集団に入っていくなんて絶対に無理。

・自分から話しかけようとすると、最初の一言を掛けるまでに丸一日かかる。

という感じです。

 

1番大変なのが、授業の時の座席取り。

履修人数に対して小さい教室だと、ちょっとでも到着が遅れると、点々としか席が残ってないんですよ、これが。

更に厄介なのが、友達の到着待ちで敢えて空けられている席が混じっているという点。

つまり、“元々空いている席”か“敢えての空席”を判別しなければならないのですが、こればかりは隣席の人に尋ねなければなりません。

「すいません。隣空いてます?(いいですか?)」

この短い文言を(初めて接する人に対して)言う、この時点でちょっとシンドいんですよ。私からしたら。だから、なるべくならばこのやり取りを1回で済ましたい訳です。

お陰で、空席を判別する変な嗅覚が研ぎ澄まされてしまいました。

 

そんな私だからこそ、大学入学当初は友人が出来るのかとても不安になりました。(実際、入学直後10日程は殆ど誰とも話さずに終わりました。)

 

そこで、いい加減自分を変えようと、意を決して“友達作り大作戦”を決行することにしました。

 

今回はその中でも効果的だったものをいくつかご紹介します。

 

友達作りのすヽめ

①部活(クラブ)に所属する。

要は、半ば強制的に人に関わるように自分を仕向ける訳です。自分のやりたい活動をしている部活に所属する訳ですから、周りは自分と近い趣味嗜好を持つ人だらけです。(因みに私は、物を書く部活をしています。)また、活動を通して何回も会話をする訳ですから、人見知りでもあっという間に部員の数だけ話せる友人ができます。

これは、かなり効果的でした。

ここでできた友人を介して、更にオタ友をゲットする棚ぼたもあったりと、部活のお陰で大分友人関係を充実させることができました。

 

②自己紹介やオタグッズでアピール。

各授業の初回の多くは履修者の自己紹介です。*1その自己紹介で、自分の趣味嗜好をアピールするのです。私の場合、ドルヲタであること、読書が趣味であること、物を書くのが好きなこと…etc。意を決して自己PR出来れば、同じ趣味嗜好を持つ人との出会いのきっかけになります。

また、それも緊張して難しいよーって人は、ペンケース等に好きなものにまつわるもの(例えばヲタグッズ)を付けるだけでもちょっとした自己PRになります。(私の場合、ペンケースにエイトレンジャーキティーちゃんの根付ストラップを付けてました。)

 

③1つ1つの出会いを大切に。

大学は広いです。私のような人見知りもいれば、正反対の積極的に話しかけてくれるタイプの人もいます。

こういった方との出会いは大チャンスです。

こういった出会いは絶対に逃さず、大切にしてください。(実際、私もこのパターンで2人程友人ができました。)

積極的に話しかけてくれる人に対して肩肘張る必要はありません。向こうから興味を持って話しかけてくれたのですから。気負わず、ラフに交流していけば、いつの間にか友人になっています。

 

皆さんが、楽しいキャンパスライフを過ごせますように。。

 

 

 

*1:授業によっては履修者の選抜をしたり、早速授業に入ったりといったケースもあります。

関ジャニ∞メンバーの歌声に合いそうなおかいつ曲 その2

関ジャニ∞メンバーの歌声に合いそうなおかいつ曲 - You better let somebody love you…《別館》

 

前回、このような記事を書きましたが、改めて読み直しての訂正と追加で書き足したいと思います。

 

〜訂正〜

横山くんと村上くんの曲を逆にします。

 

やっぱり、『たこやきなんぼマンボ』は村上くんの方が合うなと。そして、『あしたははれる』も、横山くんも合いそうだなと。

(横山くんは声が特徴的なので、圧倒的にコミカルソング向きだと思います。動物の出てくる歌や、擬音語・擬態語が多い歌も歌いこなせそうな気がします。)

(村上くんは声質的には一見コミカルソング向きっぽいのですが、ロングトーンの伸びが良くて綺麗なので、意外とバラードやミディアムナンバーが合う気がします。『たこやきなんぼマンボ』は関西弁の曲なので例外です。)

 

〜追加〜

丸山隆平

『かぜのフラメンコ』

風邪の症状フルコースが襲ってきている夜がテーマになっている、“風邪引いてるときには絶対に聴きたくない”曲です(笑)

“クラクラ”、“ブルブル”、“フラフラ”といった擬音語(擬声語)が沢山出てきたり、フラメンコ独特のリズムが出てきたりと、歌唱力、演技力共に必要となる名曲です。マルちゃんの声がサビ終わりの♪注射は〜いや‼︎  のフレーズにぴったり合いそうな気がしたんです!(マルちゃんの声はクセがなく、高・低音共に音域が幅広い印象があり、芝居気のあるミュージカル系の歌い方が得意なイメージです。バラードからコミカルソングまで万能に合いそうな気がします。)

 

安田章大

『冬のないない気のいい王さまのお話』

冬のない国の王様のもとへ“冬によく使う色々なもの”が贈り物として届くというストーリーの歌です。

メロディーが南国テイストにフォークが混ざったような不思議な雰囲気で、ヤスくんにとても合いそうだなと。(ヤスくんは音域からしてTHE うたのおにいさんの歌声の印象です。ヤスくんもまた、どんな曲でも合う万能タイプで、何なら、変顔が出てくるようなコミカルソングでもハマる声な気がします。)

 

錦戸亮

『ちいさなおふね』

海の景色を見ながらの親子(父子)の問答の歌です。美しいバラードになっていて、お兄さん・お姉さんの歌をじっくり聴かせるためのような一曲です。パパの答えが詩的で素敵な歌詞なので、色気があって大人っぽい声・歌い方の亮ちゃんに合うかなと。(亮ちゃんは高い方に音域が広い印象があるので、『にじのむこうに』などの名曲系が合いそうな気がします。ただ、張った声や厚みのある声を必要とするコミカルソングは向かないかも…。)

 

大倉忠義

『少年の夏』

おかあさんといっしょでは珍しい、大人目線の歌詞の曲です。虫捕りをしたり、海で遊んだり、そんな遠い夏の日を懐かしむ大人がテーマになっています。重厚感のある声で熱く歌い上げるのがこの曲には合うと思うので、大倉くんが合うのではないかと。(大倉くんは低音を聴かせる系の歌声なので、90年代後半から2000年代初頭のお兄さんが歌っていたような聴かせる系の名曲が合いそうな気がします。)

 

音源↓

【おかあさんといっしょ】隠れた名曲集【あきりょう】 - ニコニコ動画

こちらに↑の追加分の音源は全てあります。

訂正分は前回記事を参照。

関ジャニ∞メンバーの歌声に合いそうなおかいつ曲

NHK おかあさんといっしょ

“よしお兄さん”こと小林よしひささん、

“りさお姉さん”こと上原りささん

が今年度(3月末)をもって卒業することが発表されましたね。

 

私自身はひろみちお兄さん・きよこお姉さん*1世代で、よしお兄さんは、担当初年度を弟が辛うじて見てたかな…くらいの記憶しかありません…。

 

一昨年の5月、テレビをザッピングしていたら、その年の3月いっぱいで卒業しただいすけお兄さんのラスト出演だったファミリーコンサートが放送されていて、そこで久しぶりによしお兄さんを見たのですが、"え、ぱわわぷ体操*2のお兄さん⁈まだやってたのか!!!"とめちゃめちゃ驚きました(笑)

 

よしお兄さん達の卒業のニュースで、おかあさんといっしょが懐かしくなり、一日中色んな曲を聴いていました。そこで今回は、関ジャニ∞メンバーの歌声に合いそうなおかあさんといっしょの曲を挙げていこうと思います。

 

横山裕

『たこやきなんぼマンボ』

(音源です)

たこやきなんぼマンボ - YouTube

タイトルの通り、たこ焼きの歌です。全編を通して関西イントネーションなのが特徴です。

ヒナでも合うかと思ったのですが、ちょこちょこ入るセリフなどがヨコの方が合うかと。

 

村上信五

『あしたははれる』

(音源です)

あしたははれる - YouTube

別れがテーマの曲です。“離れてもいつまでも友達”という内容のミディアムナンバーです。メロディーラインやキーがヒナが得意そうな感じで、ヒナのような柔らかい声が合いそうだなと。

 

丸山隆平

バンジョーのジョー』

バンジョーのジョー 速水けんたろう 神崎ゆう子 - YouTube

おかいつの曲では珍しい、とってもカッコイイ曲です。バンジョー弾きのジョーの歌です。ラテン系の曲調が特徴的です。

太めの声や緩急の感じが、マルちゃんに合うかなと。

 

安田章大

『ハオハオ』

ハオハオ - ニコニコ動画

ハオハオという名前のおばけの歌です。

サビ終わりの♪〜〜ビスケット というフレーズのリズムが面白い、可愛らしい曲です。フォークっぽい軽さのある曲調なので、これはヤスくんに合うかなと。

 

錦戸亮

『夢のパレード』

夢のパレード - YouTube

私の1番好きな曲です。

夜、夢の中で開催されるパレードに招待される歌です。

曲のキラキラ感、途中のファルセットが特徴的なので、亮ちゃんの声で是非聴いてみたいなと。

 

大倉忠義

『かっぱなにさま?かっぱさま!』

かっぱなにさま?かっぱさま! - YouTube

これまたタイトル通り、かっぱの歌です。

上の動画は普通に歌われてますが、サビ前のパートの、私がリアルタイムで見ていた当時のお兄さん*3のドスの効いた低音を響かせる歌い方の印象が強いので、是非、エイトが誇る低音の大倉くんに再現してもらいたいなと。

 

 

他にも名曲が沢山あるので、選ぶのにかなり迷いましたが、今回は1人1曲ずつ選びました。

*1:佐藤弘道さん、きよこさん

*2:現行の体操に変わる前の体操

*3:あきひろお兄さん

今できる最大限のエールを…

責任持っては言えないけれど… | You better let somebody love you…《本館》

大丈夫。大丈夫。

これはGood bye(さよなら)ではなくて、

See you again(またね)だから。

 

私たちのように、ゆっくりでも徐々に前を向ける日が来ます。

 

頑張れ!頑張れ!頑張れ!

 

 

※これから、皆さんの心の弱みに付け込む不埒な輩が増えると思いますが、くれぐれも、くれぐれも、信じられるのは公式からの情報一択ですからね!何かあったらちゃんとインフォメーションしてくれる芸能事務所ですから、公式からの情報だけで不足はないはずです。そして、ニュース記事に彼らの会見の様子がレポされてますが、各社の記事を読み比べて、(または会見映像と照らし合わせて)正しい情報を見極めて下さいね!(音声を文章に起こすと、表記ぶれやニュアンスの受け取り違いなどが、かなり起きやすいです。それを見極める為にも、記事の読み比べ、会見映像との照らし合わせをお勧めします。)

Happy Birthday! ヒナちゃん♡

ブログ開設後初めてのヒナちゃんの誕生日から盛大に遅刻してしまいました…。

この時期は忙しいんです…。ごめんなさい〜〜〜!

 

ということで。

 

 

村上信五様。

改めて、誕生日おめでとうございました。

昨年は身体だけならず、心も疲弊することが多かったのではないかなと勝手ながら想像しております。

けど、貴方はどれだけ身体や心が疲れても気づかないふりをする。最初はどうだったのか分かりませんが、最早今は無意識的に“気づかないふり”をしているなと、見ていて思います。けど、それはあくまでも“ふり”です。気づいていなくても本当は疲れているんです。昨日で37歳になったということで、(あの事務所にいると年齢感覚が麻痺するのかもしれないですが、)もう若いとは言い切れない歳ですから、くれぐれもご自愛下さいね。私たち、貴方のファンが1番見たいのは、貴方が楽しそうに笑って、楽しそうにお仕事をしている姿です。今年も、沢山飛躍し、未知の世界を見せてもらえる事を楽しみにしています。

この1年が貴方にとって幸せなものとなりますように…。

I love yorkie♡

新年最初は我が家のprettyな子たちを紹介しようかなと思います♡

 

f:id:eight1745ily:20190103191904j:image

 

とわ(写真 左)

2歳半の男の子です。甘ったれ+ヘタレの可愛い子です。たぬき系の少々平面的なマズルと真横に生えている鼻周りの毛が特徴です。

f:id:eight1745ily:20190103193156j:image

 

らん(写真 右)

1歳半の女の子です。サッカー(球蹴り)が趣味のおてんばGirlです。きつね系のシュッとした顔立ちとつぶらな瞳が特徴です。

f:id:eight1745ily:20190103193552j:image

(高頻度で↑のようにベロが出ます(笑))

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そして、我が家にはもう1匹、忘れてはならない子がいます。

 

アニー

f:id:eight1745ily:20190103222456j:image

(モザイク雑ですいません)

一昨年の夏、14歳7ヶ月で虹の橋の住人になりました。

くりっくりの瞳と愛くるしい顔立ち、小さい小さい身体から、“プリンセス” “お姫様”と我が家では呼んでいました。

私が6歳の頃に我が家に来て、共に成長してきたので最早姉妹のような感覚でした。

勝気で意地っ張りなところもありましたが、甘え下手で、見た目に違わず可愛らしいところもあって本当に本当に本当に可愛い子でした。

 

 

以上が我が家のprettyな子たちです。

これからもちょこちょこブログに登場させるかもなので、宜しくお願いします。

 

新年の御挨拶

新年の御挨拶 | You better let somebody love you…《本館》

 

謹んで新年の御挨拶を申し上げます。

 

エイターとしての新年の挨拶はアメブロの方を見て頂くとして、こちらではそれ以外のオタクとしての挨拶を。

 

 

ハロプロを応援している身としても、昨年中は様々なことがありました。本年も、ジャニーズ事と並行しながら、マイペースに応援していければなと思っております。

 

笑点好きとしても…昨年中は本当に色々ありました。今年も、一笑点好きとして、おじ様達のワチャワチャを見続けられればと思っております。

 

 

 

本年は…心中穏やかな、良い一年でありますよう、心の底から願っております。